なっとく!!再ブレイクしたテレフォンクラブ

ツーショットクロニクルを辿ると、
そのルーツは東京の「東京12チャンネル」から生まれたと言われています。

コミュニケーションツールがイメージさえされなかった当時のわが国では
劇的なサービスで、爆発的に店舗を全国に広げていきました。

テレフォンクラブが出来た最初は、
アナログな時代だったので、
紙媒体の広告がほとんどでした。

エロ本などに掲載されたPRの番号に少しも恐れることなく、若いおんなの子が電話していました。

そして、そのCALLを我慢汁が出ている利用者が置き型の電話の前で待ち構えているという、現在では考えられないくらい味わいのある状況でした(・∀・)

はじめは、CALLを早くとった男性ユーザーが女性と会話できる早取り制というシステムだったので、店舗ではアツい戦いが繰り広げられていました。

イイ具合に敵がいると、
女子との会話よりも、
どちらが早く電話を取れるかの争いになったものですww

その後、ツールは進化して、
公平なフロント制を経て、
自宅でもコールを受けられる転送型へタイプを進化させていきました。

90年代後半

急速なネット化が進み、誰もがWEBを利用する時代になると
コミュニケーションサービスは、出会い系が本流となります。

ここで一度テレクラは下火になりますが、
「出会えない系」と小馬鹿にされるほど、
コミュニティサイトは悪徳業者が増えたため、利用されなくなっていきます。

そんな時代で、ちゃんと女の子と話せて
便利になったテレフォンクラブがまた熱い視線を浴び始めました。

その証拠に、男性誌女性誌を開くと、
いまやテレクラの広告が大半を占めていて、
出会いサイトは1、2件しかありません。

その後、噂が噂を呼び、
テレクラが復活を果たし現在に至ります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ