テレクラの歴史

諸説ある中で最も確度が高い情報として、
ツーショットダイヤルの発祥の地は新宿だと言われています。
それまで出会いツールそのものが想像さえされなかった日本では、
この新しいツールが爆発的に拡大をしていきました。

世の中的には、俗にいうバブル経済真っ盛りの
80年代中頃から90年代。
イケイケの空気感とハイテンションなテレフォンクラブの広告メッセージが
不思議にマッチしていたことを覚えています。

はじめは、スマートフォンはもちろん、
モバイルもなかった時代なので、
固定電話がズラっとリアル店舗に鎮座する状態でした。

そこへ、広告などで注目した女の子が
電話をするという、いま思えばおおらかな場面でした。

当時は、電話を早くとった利用者が女子と楽しめる早取り制というタイプだったので、リアル店舗ではアツい戦いが展開されていました。

イイ具合にライバルがいると、
おんなの子との会話よりも、
どちらが早くコールを取れるかの争いになったものです(笑)

それから、ツールは発展して、
フェアな取り次ぎ制を経て、
ドコでもTELをキャッチできる転送型へシステムをチェンジさせていきました。

携帯が一般的になると、
コミュニケーションサービスは瞬く間にコミュニティサイトが本流となりました。

しかし、出会えない系が跋扈したため、
サクラなどが問題となり、
古くからの男性客はツーショットダイヤルへ鞍替えする流れになりました。

現在は出会いサイトの素晴らしい部分を取り込みつつ、
間違いなく女子と通話できる、新たな出会いサービスとして、
テレクラが再度脚光を浴び始めたのです。

– オススメ –

本当に使える!復活したテレホンクラブ
架空請求を受けない信用できるテレクラは??

サブコンテンツ

このページの先頭へ