そうだったのか!!復活したテレクラ

諸説ある中でいちばん有力な情報として、
ツーショットのルーツは東京だと言われています。
それまでコミュニケーションツールそのものがイメージさえされなかった日本では、
この新しいコミュニケーションツールが瞬く間に拡大をしていきました。

世の中的には、いわゆるバブル真っ盛りの
80年代後半から90年代。
アゲアゲな雰囲気と騒がしいテレフォンクラブの宣伝が
変にリンクしていたことを思い出します。

最初は、スマートフォンはもちろん、
モバイルもなかった世の中なので、
固定電話がデンとリアル店舗に鎮座する状態でした。

そこへ、ティッシュ広告などで注目した女子が
電話をするという、いま考えれば牧歌的な状況でした。

特にスタート期は、
コールを早い順で受けていったので、
半押し、半上げなど男性会員達は頭を使って、
より賢い電話の取り方を研究したものでした。

それから、公平な取り次ぎ制を経て、
自宅でもCALLを受けられる転送型へ仕組みを改良させていきました。

モバイルが普及すると、
コミュニケーションツールは一気に出会いサイトが本流となりました。

しかし、出会えない系が増えたため、
成りすましオペレーターなどが問題となり、
以前からの男性客はテレホンクラブへ鞍替えする流れになりました。

今は出会いサイトの素晴らしい部分を取り込みつつ、
ちゃんとおんなの子と通話できる、新たな出会いツールとして、
ツーショットダイアルが再度熱い視線を浴び始めたのです。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ