どんなことをトークすべきか?

ツーショットダイヤルの会話でありがちな質問は,どんなことを話すべきか分からないという悩みです。初対面の人は,会話のとっかかりにあたふたしちゃいますよね。

そのため,強引に話題を作るために,一方的に話してしまうというポカをしがちです。顔さえ見たことのない相手から質問責めにされれば,相手の子は余計自分を出せなくなります。もちろん,トークはお寒い感じになります。

では,どんなことをつかみにすればベストでしょうか?

私はテレフォンクラブでほとんど待ち合わせすることが出来ます。ジブンはお笑いタレントでしょうか?それとも、アナウンサーばりの声を出すオトコでしょうか?イメージしてみてください。

どちらも当たっていません。ありきたりなおっさんです。ぶっちゃけ私はオンナの子を完全に笑わせていないのです。

ようするに、楽しい会話をしなくてもテレクラではアポをゲットできるのです。 この発想の逆転は重要です。

テレフォンクラブは、女性が男性をオーディションする場ではありません。立ち位置は一緒なのです。そんなわけで、女性に爆笑させる話をする必要はないのです。

そうなると,話しておかないといけないことは定まってきます。重要なことは,電話相手が何を前提で電話をかけてきたのか?それを聞き出すことなのです。

同じ目的であれば、その先は条件を交渉するだけです。ここに行き着けば、テレクラに慣れていない人でもたくさん会話をすれば、弾はあたると言えます。

仮に、目的と一致しないケースは,優しく理由を言ってコールバックしましょう。この方法が,とても効率の良い方法です。

コールが少ない日などは,必死になって,テレフォンセックスをしたい女性を夢中でナンパしがちですが,ぶっちゃけて言って成功しないです。

前のように待ち時間もカウントされる課金であれば,それもやむを得ない戦略ですが,現在は,従量制の仕組みなので、成功率の低い賭けに出る意味はありません。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ