テレホンクラブの話し方のコツ

ツーショットにどうにも踏み込めない方に理由を聞くと、どんなことを話すべきか知らないという原因が多いです。 たしかにテレクラで会話したことがなければ、どういう内容をつかみにすれば成功するか思いつかないですね。

そんな状態でも、ツーショットダイヤルを試したものの話が失敗したり、突然電話を切られて自信をなくすなんてこともあります。まぁ、最初からうまくいく人なんてなかなかいないものです。

さておき、わざわざこの記事を読んでくれてるのだから、トークのコツを解説しましょう。

ちょっと質問です。アナタはもともと,どういう理由でツーショットダイヤルに電話を鳴らしましたか?

会話の訓練ではありませんね?通話でリラックスしたいわけでもないですね?出会って,セックスをすることが狙いではないでしょうか?

ならば,話題は決まってきます。大事なのは,お相手がどういった希望で電話を手にとったのか?それを聞き出すことなのです。

目的がハッキリしないひとをノせて,エッチをするのは簡単ではありません。しかし,エッチを目的にしているオンナの子ならば,万が一,チェリーボーイでも,いやらしいことができます。

言うまでもなく,イキナリ『テレクラの狙いは?』と聞くのは無粋です。最悪でも自己アピールで相手の興味を惹きつけた上で,希望を聞き出しましょう。

このやり方を実践すれば、目的に沿ぐわないケースも出てきます。そういった場合を想定して、ツーショットダイヤルにはフロントバックという仕組みがあります。

これは、受付に電話を返すことで、男性はほかの相手と話せ、相手もまだ話していない男性とトークすることが可能になるシステムです。 はじめから、こうした機能があるくらいなので、オンナの子を変えることに尻込みする必要はないのです。

まとめると、テレクラの話はお相手を楽しませる意味は無い。何れにしても相手の子の目的を引き出すことが最低条件である、ということです。 ネタに頭を抱えている人は,これらを覚えていれば、入れ喰い状態のテレフォンクラブを満喫できることでしょう。

– 参考 –

無料テレクラ
テレクラでJCを口説く絶対に忘れてはいけないテクニック (゚∀゚)
サブコンテンツ

このページの先頭へ