テレクラビジュアル化メソッド

ツーショットダイヤルは、ルックスを見て会話することは出来ません。これは利点でもあるし、問題点でもあります。

親密度を増すことに焦点をあてると、音のみであることは欠点と言えます。 どんな外見であれ、実際に顔を見てトークするほうが信頼感が増すことは間違いないです。

そこで、どんなふうに視覚化しやすい自己紹介をするかということはツーショットダイヤルにおいて、かなり重要になります。

テレフォンクラブを何度か利用していれば、女の子から有名タレントでいうと誰系ですか? なんてことを聞かれます。このケースに、「誰にも似てない」なんて答えてはいけません。

アナタを簡単に説明でき、安心を与えられる機会なのですから。 無理矢理ひねり出してでも、方向性が近い芸能人を挙げましょう。

この芸能人例えは、適切なイメージ化自己紹介です。どんなにたっぷり説明するよりも、分かりやすく◯◯に方向性が近いと言うだけで、女性はイマジネーションが湧きます。

このことで、相手は親近感を持つことが出来るのです。こんなに楽で効果的な方法は、他にないので、是非実践してください。

気にかけないといけない点が、2つあります。ひとつは、世代間格差。ひと回り年の離れた相手と話すことだってありえます。自分自身が有名と思っていても、女の子が知らない場合もあります。 そうならないように、今人気があるタレントを挙げるようにしましょう。

もう1つは、約束をしたいがために、自分と相当違っている芸能人を挙げてしまうケースです。 これだと、例えアポイントに結びついても、がっかり感から将来に結びつかない可能性が高くなるので、ある程度雰囲気が近い人物にしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ