ツーショットダイアルでは話すことを用意しておく!

情けない話ですが、白状します。
私のツーショットダイヤル初体験の時は、
女子と電話が繋がった時、頭が真っ白になり、
何も話せませんでした(笑)

そこまでサイテーなのは、私くらいかもしれませんが、
トークでどんな風に話したらイイの?
と悩む人は多数いると思います。
そこで、この記事ではツーショットの話し方をテーマにします。

つかみを練り上げる

どれほどお喋り上手なお笑い芸人でも、
無計画でコントに臨みません。
特に、会場を温めるつかみに関しては、
磨くそうです。

テレクラでも同様のことが言えます。
フリートークである以上、
トークはどのような方向へ拡がるか分かりませんが、
つかみは、いくらか想定したように話せるハズです。

ですので、自分なりの会話のキッカケをブラッシュアップすれば、
イイ感じで話に弾みがつく可能性が高くなります。
引いては、アポイントの可能性にまで影響を及ぼすので、
本気でブラッシュアップしていきましょう。

会話の糸口のポイントは、
話し相手がやりやすいです空気を作ることです。
少しアホなところがあったりするくらいがちょうどイイです。
まかり間違ってもネガティブな話などはやらないようにしましょう。

鉄板の話題を知りたい!

「なんでも自由にトークをしてください」
こう言われて、アナタはスムーズに電話できるとしたら、
ハッキリ言って病んでいます(笑) 即刻病院へ行きましょう。

通常は、何かしら会話のキッカケがあって、
そこから連想して話せるモノです。
テレホンクラブでも、同様に会話の糸口は必要です。

なので、面識がない者同志でも話に乗りやすい
という前提を満たすつかみが間違いないトークテーマと言えます。
話の乗りやすさを考えると、
専門知識を必要としない話題が適切です。

そういった必須条件を踏まえて、
ワタシが提唱したいのは、美味しい店トークです。

美味しい店トークほど、
毒がなく、女の子がかぶりつく話はありません。

このネタをレベルアップさせておくと、
ほとんど盛り上げることができます。

そのうえ、それをネタにアポイントをすることが出来るので、
一粒で二度美味しいと言えます。

けれども、高級店をネタにすると、
後々頭を悩ますことになるので、
懐具合を確認してネタにしましょう。
オススメは、人気のデザートを扱っているお店です。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ