どんなことを話すべき?

わたしがツーショットを遊びだした時は、何をつかみに話が盛り上がるのか悩みました。顔も知らないのに、面白い会話なんて考えられないですよね?

そんな状態でも、絶対に盛り上げないとならないと思って、方言丸出しで話してみたり、スポーツの話をしたり、試行錯誤しました。 当然、結果は火を見るより明らかでした。

そんな自分がアポの確率5割を超えるまでになったメソッドをお伝えしようと思います。

テレクラのネタで悩んでいる利用者は、もしかしたら話すことに囚われすぎているかもしれません。

当然ですがですが、テレフォンクラブとは、貴男が芸人になって、電話相手を楽しませるトコロではありません。 簡単に言えば、ツーショットダイヤルは会うための場所なのです。

ですので、電話相手を笑わせるニーズなどないのです。出会いを求めてお話をしているオンナの子もいるのですから。 情況は同一なのです。

つまるところ大事なコツは、お相手がコールをしてきた動機を知ることなのです。 自分と近い狙いを持ってコールをしている相手の子なら、ウケるトークをしなくてもあっさりと話は進みます。

つまりは、男性が確実にやらないといけないことは、相手がテレフォンクラブに電話をかけてきた目的を質問することなのです。

この手法をやれば、目的に沿ぐわないケースも出てきます。そういうケースを想定して、テレクラにはFBという仕組みがあります。

これは、フロントにコールを戻すことで、男性は他の相手の子と話せ、相手も他の男性とトークすることが可能になる仕組みです。 元来、かくの如きシステムがあるくらいなので、電話相手をチェンジすることに躊躇する必要はないのです。

要点は、ツーショットダイアルの会話はお相手を爆笑させる意味は無い。何であれ相手の目的を引き出すことが最低条件である、ということです。 ネタに困っているユーザーは,上記のことを記憶しておけば、1歩先を行くテレホンクラブを味わえることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ