どういう内容を話すべき?

ツーショットダイヤルの話で一番多い悩みは,どんな風に話すべきか分からないという質問です。初顔合わせの人は,話のつかみにあたふたしちゃいますよね。

そして,きっかけを作るために,相手のことばかり聞いてしまうというエラーをしがちです。どんな人か分からないひとに一方的に話されたら,お相手は余計自分を出せなくなります。無論,会話の盛り上がりには欠けてしまいます。

では,どういう内容をきっかけにすればイイでしょう?

私はツーショットダイアルでいつも約束をすることが出来ます。自分はトークの名人でしょうか?それとも、とてつもないバリトンボイスの持ち主でしょうか?予想してみてください。

いずれも不正解です。ありきたりなオトコです。タネを明かすと私は女性をぜんぜん笑わせていないのです。

ようするに、ウケるトークをしなくてもテレクラでは待ち合わせできるのです。 この発想の逆転は大切です。

テレフォンクラブは、女性優位ではありません。立ち位置は同一なのです。ですから、相手の子に爆笑させる会話をする価値はないのです。

そうすると,話題は定まってきます。欠かせないことは,オンナの子がどういった目的で電話を手にとったのか?それを聞き出すことなのです。

一緒の動機であれば、その先は落とし所を決めるだけです。そこまで進めば、テレクラ未経験者でもたくさん会話をすれば、弾はあたると言えます。

この方法をやれば、希望に合わないケースも出てきます。そんなパターンを想定して、ツーショットダイヤルにはCBという仕組みがあります。

これは、受付けに電話を返すことで、男性ユーザーは他のオンナの子と話せ、オンナの子も他の男性と話すことが出来るようになる仕組みです。 元々、こういった仕組みがあるくらいなので、電話相手を変えることに躊躇する必要はないのです。

要点は、ツーショットダイアルの話はお相手を爆笑させる意味は無い。何れにしたって女性の目的を引き出すことが重要である、ということです。 会話に頭を抱えている利用者は,これらを実行すれば、ワンランク上のテレクラを堪能できることでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ