テレフォンレディーにカマされた人のために

テレフォンクラブで遊ぶと、けっこうイイ雰囲気になったのに待ち合わせできない。 あと一歩なのに、なかなか許しがもらえない・・・。
そんなことを繰り返している内に、これはテレホンレディーではないのか?という考えに囚われ出す。

そんな体験をした方もいるのではないでしょうか?

そして、あらゆるサイトで戦略を調べ、生活している地域の情報を答えさせるテクニックや、年齢から十二支を言わせるといったテクニックを試してみたが、効用は微妙…。

そんな方にこの記事は最適です。
テレホンレディーの反応
からサクラ判別をする、という今時の方法を解説します。

テレホンレディは1日にたくさんの男性会員と会話をするので、適当に話すようになります。ですから、アポの場所を言わせてみると、間違った場所を言ったり、回答できなかったりします。理解できないかもしれませんが、リアルに覚えてないことがあります。

無論、これは低レベルですが、もうちょっとレベルをあげて、アナタが伝えた電話番号をもう一度言わせるとどうなるでしょう?テレレは、「ペンがなかった」なんて苦しい言い訳をしますね。

このやり方を要領よく利用すれば、ツーショットダイアルの心労は一気になくなります。キーポイントは、問題の答えが正しいかどうかではなく、問題に対するリアクションなので、テレホンレディーはテストされているかどうかさえ、分からないくらいです。

仮にアナタが、独自の本気度を調べられる問題を持てば、ツーショットで損をすることはなくなります。

– 参考 –

サブコンテンツ

このページの先頭へ