テレクラでこんなドタキャンはヤメて!

テレクラで遊ぶと、ドタキャンに遭遇することがあります。
今回はスッポカシの事例を分類して、
知ることで将来のテレクラ生活の参考にしましょう。

イタズラの事例

この手のすっぽかしがここ数年では減少したようです。
以前はアポイントで騙された男性ユーザーが何人も待ちぼうけ
なんて場面もありましたが、ここ数年はありませんね。

男性に非がある事例

女性は出会う気がないのに、
半ば脅されて待ち合わせを強要されるので、
その場をやり過ごすために
渋々約束を決めてしまうケースがあります。
これは男性ユーザーに空気を読め!ということで喝だ!!!

ライバルに負けた例

もし、アナタが普通にアポをとった女子に、
その後会うだけで15万円をくれる利用者からのTELがあった時、
どういう事態になると思いますか?
答えを言うまでもありませんね。

ツーショットは自由競争です。
ツーショットに電話をかける女子にもチョイスする権利はあります。
ワタシは選択する人間である一方で、
選ばれる人間でもあることを認識して、
会話術をブラッシュアップするしかありません。

ということで、多くのケースが
トークテクの強化で対応できますが、
ドタキャンをされない最高の方法は、
電話番号を聞き出して、待ち合わせに行く前に電話が繋がるか確かめるやり方です。

これで電話に出れば、間違いないですが、
アポをとる前からケータイ番号を聞き出すのは、
かなりやっかいだと言えます。

– オススメ –

無料テレクラ

サブコンテンツ

このページの先頭へ