ウン百万円レベルの無駄遣いをしてゲットしたテレクラの情報です

テレクラで会うなら、
記憶しておいた方が良いノウハウがいくつかあります。
そこで、わたしの15年をオーバーする体験を基に
学んだノウハウを解説しようと思います。
それまでに使い込んできた金額を考えると、
実にウン百万円レベルです。

この記事を見つけたアナタは、
それだけの価値あるネタを入手したことになります。
ツーショットダイヤルのノウハウを掴んで、
ヤリチン生活を楽しんでください。

損して得とれ

投資で自爆する人は、
損切りが出来ない方だそうです。
いつか復活すると夢見ながら、見切りを遅らせ、
最も悪い結果を招く・・・

テレフォンクラブも同じです。
一文無しになることはなくても、
見極めをしないと、コスパは悪くなります。
ざっくり言えば、同じ女の子と何分話しても、成果は同じということです。

ラッキーなことにテレフォンクラブにはフロントバックという仕組みがあります。
好みのタイプでなければ、女の子を交代出来るのです。
こんな便利なシステムがあるにも関わらず、
会う可能性のないおんなの子とずっと話すのは愚の骨頂と言えます。

私の肌感覚から述べると、5分話せば、
出会える女の子かどうか決定が出来ます。

万が一それまで話した時間が無駄になっても、
5分話してダメだと思ったら、
別の女性に乗り換える方が得策と言えます。

統計的に発想してみましょう。
女の子と会えるかどうか決定する時間を
5分から10分へ伸ばしたケースのセックスの可能性と、
5分間での見極めを2回繰り返した場合の待ち合わせ成功の割合
を考えてみてください。

2人と5分話す方がウマくいくに決まっていますね(´∀`)
そうすると短いほどいっぱい話せるからイイということになりますが、
わたしの体験上、短くとも5分は決断に要すると考えました。

無論、これは技術的な問題も出てくるので、
絶対的な数字ではありません。
ポイントは、長く電話するよりも、
多くのおんなの子とお話をする方が可能性は高くなるということです。

この発想を持つか否かは、
未来のテレクラライフの結果を大きく変えていくことでしょう。

– 参考 –

テレフォンクラブで人妻と内緒の関係になる手法
この記事は、人妻を落とすコツに関して解説しています。特に見落としがちなポイントについて熱く語っています!!
サブコンテンツ

このページの先頭へ