ツーショットダイヤルの待ち合わせで下手を打たないテクニック

ツーショットダイヤルで遊ぶ時に、重要なテクニックって何ですか?
多くの人が、トークスキルを挙げるでしょう。
もしくは、時間帯?
もしかしたら、幸運なんていう人もいるかもしれません。

いずれも正しいと言えます。
ただ、約束する場所の設定を挙げた人はいるでしょうか?
たぶんほとんどいないかと思われます。

せっかくノリノリで話をできたのに、
約束する場所の決定を誤って会えなかった…
なんてシャレになりませんよね?
ですので、アポの場所の設定は、会話と同レベルで大切なのです。

スマホの流通で、
待ち合わせポイントが探せない!!
という状況は減りましたが、
多くの人が集まるような有名なポイントをチョイスすると、
女の子を見つけられないなんてこともあります。

そんな『もったいない』を減らして、
約束をしたお相手はちゃんとGETしちゃいましょう♪

テレクラの約束のシーンでは、スッポカシが氾濫しています。
それは、ハナから約束の場所に来ない場合か、
来たけどタイプではないので、
そのまま帰ってしまうケースです。

これは男性も女の子もやるので、
アポをとったからといって、
会うまでは、油断出来ないです。

しかし、せっかく待ち合わせまでしたのに、
ルックスだけで判定されて、待つなんて切ないですよね。
せめて話してから判断してもらいたいモノです。

なので、私が提案したいのは、室内を選べということす。

周りくどい言い方をしてきましたが、
結果として約束する場所を観察出来ない場所にしましょうということです。

こうすることで、女性はルックスのチェックが出来なくなります。
そのうえ、呼び出した人の顔を見るイタズラも防げます。

一挙両得のこの手法の実践をオススメします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ