ウン百万円単位の無駄遣いをして手に入れたテレフォンクラブの情報です

ツーショットダイアルで出会うなら、
頭に入れておいた方が良いコツがいくつかあります。
そこで、ワタシの20年を優に上回る体験を基に
学んだ方法を伝授しようと思います。
それまでに投資した金額を考えると、
実に100万円単位です。

この記事を見つけたアナタは、
それだけの贅沢なテレクラの情報を手に入れたことになります。
テレクラのポイントを掴んで、
セックス三昧を楽しんでください。

損をして利を見よ

株で墓穴を掘る人は、
決断が出来ない人だそうです。
いつか良くなると夢見ながら、損切りを遅らせ、
最低の結果を招く・・・

ツーショットダイヤルも同じです。
自己破産をすることはなくても、
決断をしないと、コストパフォーマンスは悪くなります。
簡単に言えば、同じ女の子と30分話しても、60分話しても、成果は同じということです。

幸運なことにテレホンクラブにはCBというシステムがあります。
好みのタイプでなければ、お相手を交代出来るのです。
こんな便利な機能があるにも関わらず、
会えない女性と喋りまくるのは究極のお人好しと言えます。

私の肌感覚から述べると、5分話せば、
エッチが出来る女子かどうか決定が出来ます。

たとえそれまで話したポイントが無になっても、
5分会話をしてダメだと思ったら、
別のおんなの子に乗り換える方が賢明と言えます。

数学的に分析してみましょう。
女子とエッチが出来るかどうか決断する時間を
5分から10分へ伸ばしたケースの成功の確率と、
5分間での判断を2回繰り返したケースの成功の確率
を考えてみてください。

2人と5分電話する方が成功するに決まっていますね( ´∀`)
そうすると短いほどたくさん話せるからベターということになりますが、
私の経験上、最悪5分は判断に要すると考えました。

言うまでもなく、これは技術的な問題も出てくるので、
絶対的な数字ではありません。
要点は、長くお話をするよりも、
多くの女性とお話をする方が割合は高くなるということです。

この発想を持つか否かは、
将来のテレクラ活動の結果を大きく左右することでしょう。

– オススメ –

てれくらまっくす

サブコンテンツ

このページの先頭へ