テレクラでアポをとる要点はライバルの存在を認識できるか?

テレフォンクラブでアポのブッチが続くと、
まるで女性ユーザーが競争相手のような気がしてきますね。
しかし、リアルにそうでしょうか?

ニホンに男性会員がアナタ1人だとすると、
世間の女の人は奪い合いを始めます。
アナタ自体はなんら変わっていないのに・・・

この記事ではテレクラビギナーが見落としがちな要点の解説を行います。
上に挙げた序文にアンテナが立った人は、
読み進めてください。

ライバルがいることを認識せよ!

テレクラでトークをしていると、
まるで恋人のような気分になってしまうものですが、
アナタとの電話が終わった後、
即時、別の男性ユーザーとTELをしている可能性がないとは言えません。
いや、むしろその可能性の方が高いといえます。

自宅から電話をかけていると考えつきませんが、
近辺の地域のどこかに敵がいるんですね。

そう考えると、待ち合わせ場所が遠い場合は、
後回しにした方がイイでしょう。
ドタキャンされた時の懐の損失とメンタル的痛手は計り知れないです。

かなり上手のテレクラナンパ師でも、
10回アポイントして、
本当に会えるのはせいぜい半分くらいなので、
予めドタキャンに備えたリスクヘッジをするのは大切でしょう。

ですので、ツーショットも結果的には、
確率論になっていきます。
エッチする時だけでなく、
下手こいたケースも考えて行動すると、
貴重な資金と時間を有効に使えます。

あらっ?そんなこと既に考えていた?
そんなアナタはテレクラのプロになれます!WWW
あとは実行するだけですね。
アナタなら出来るハズです。

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ