ツーショットダイアルで遊ぶケースの注目点

私のツーショットダイヤル経験談の1つで、アポの場所に同じ見た目のおんなの子2人が立っていたという話しがあります。

その時は、メガネのありなしと服装のカラーだけを聞いてアポイントをしていました。 いまから思えば、かなりゆるい待ち合わせの仕方でしたが、当時は興奮で、そこまで余裕がなかったですね(´Д`)

そして、躊躇していたら、1人の女の子がいなくなったので、残りの女子に声をかけました。 すると、「何の話?」という反応。。。 そうなんです。いなくなった女の子が目当ての女の子だったのです。

同じ失敗をしないように、見た目のチェックは、少なくとも3つ以上はポイントを聞いておくようにしましょう。
言うまでもなく、しつこく特徴を聞きすぎて、お相手を反感を買っても仕方ないので、
そのチューニングは要領よく調節してくださいね。

待ち合わせスポットに関しては、繁華街かそれ以外でアポをするのかによって、ポイントが変わってきます。郊外で車移動を予定しているのであれば、大型のパーキングがある待ち合わせ場所がイイです。たとえば、ファミレスなどは、待ち合わせスポットにベストです。オンナの子が時間通りに来るとは限らないのである程度駐車していても問題のない待ち合わせ場所を設定するようにしましょう。

また、繁華街のケースは、メジャーな待ち合わせ場所を設定しないことです。万一、ハチ公前などにしてしまったら、相手の子を見つけられません。

条件は、比較的空いた飲食店がオススメです。ワタシのオススメは、デパートに入っている混んでなさそうなカフェです(v^ー°)

それから忘れないでおきたいのは、相手の子に対して気を使いすぎて、よく知らない土地をアポの場所に選ばないことです。待ち合わせスポットを見つけることにパワーを使うリスクはもちろんのこと、その後のデートでも何をすればイイか分からないなんて事態になりかねません。遊び慣れた待ち合わせスポットを設定するのは、大切です。

これらの条件を踏まえて約束する場所を選択すれば、面白いデートが待っていますよ(^▽^)

– オススメ –

札幌テレクラとは
テレクラの話題が思いつかない人は必見の攻略サイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ