生真面目にアポイントをしない

ツーショットダイアルは割り切りの遊びである
これは、ワタシのツーショットダイヤルに
臨むやり方であるし、
実際、女の子が求めているのも、
そういう利用方法だと言えます。

詰まり、約束の先にはオマンコがあり、
そこに至るまでの男と女のやり取り
ゲーム的に楽しむモノと言い換えられます。

このように恋愛を捨てることは、
テレクラでエッチをするためのキーポイントと言えます。

割り切ると、
ツーショットダイアルの考え方が変わります。
セックスまでのフローが
俯瞰的に見えてきて、
より戦略的に遊べるようになります。

ということで、今回は
テレホンクラブを賢くに
遊ぶポイントを紹介します。

アポの戦い方

テレフォンクラブの最終地点を
セックスとすると、
いちばん回避したいのは、
アポイントにおけるロスです。
ハッキリ言えば、
すっぽかしのダメージをミニマムに抑えることです。

何故かと言うと、条件として
通常の社会人は
遊ぶ時間が限られています。
そのような状況にも関わらず、
ツーショットのドタキャンは当たり前。
ハッキリ言って、ドタキャンはムカつきますが、
怒っても意味がありません。
実際に起こることですから・・・。

そんなわけで、その対策として、
アポイントを効率化すべきですからす。

ツーショットダイアルの場合、
能率化の根本的な思想は、
限りある時間内で
どれだけアポイントのチャンスを
最大化させるか
です。
つまりは、当日に結果を残すために、
最大限の努力をするのです。
テレクラに明日の待ち合わせはない
と思ってイイです。
十中八九は、今日エッチが出来るオンナの子を求めて
コールしているのです。

だから、能率化するためには、
時間をズラして
同じ場所でアポをとるのです。
こうすることで
移動時間のロスをなくして、
より多くの待ち合わせのチャンスを得られます。

出会えるのは1人?

そんなことは当たり前です。
気が合う人がいたら、
その女子と楽しめば良いのです。
それ以降の約束の場所に来た女性は、
アナタが来なければ
取り止めだと分かります

– 参考 –

テレホンレディーはコチラ
スケベな経験を堪能したいなら、ココをいまスグチェック!
サブコンテンツ

このページの先頭へ