緊急速報!ツーショットダイヤルで女を連れて行かれた(TдT)

万が一、世の中全体で男性ユーザーはアナタ1人しか
テレフォンクラブで遊んでいない日があったら・・・
想像してみてください。

コールが繋がりっぱなしは当たり前、
待ち合わせも独壇場になります。
100人とアポイントだって夢ではありません。

でも、もし日本で2人が利用するとしたら・・・
その割合は5割になるかもしれませんね。

今回はそんなことを話題にしています。

ライバルがいることを自覚せよ!

電話でトークをしていると、
あたかも彼氏のような気分になってしまうものですが、
アナタとのTELが終わった後、
スグに、別の男とCALLをしている可能性がないとは言えません。
いや、むしろその割合の方が高いといえます。

自宅から電話をかけていると気付きませんが、
同じ地域のどこかにライバルがいるんですね。

そう考えると、待ち合わせ場所が遠い時は、
後回しにした方がイイでしょう。
すっぽかしされた時の経済的損失と精神的ダメージは計り知れないです。

かなり手慣れたテレクラのプロでも、
10回アポして、
実際に会えるのはせいぜい5割くらいなので、
予め失敗に対する危機管理をするのは大切でしょう。

ということで、ツーショットダイヤルも結果的には、
確率論になっていきます。
成功する時だけでなく、
下手こいたケースも考えて行動すると、
貴重な資金と時間を有効に活用出来ます。

何?そんなこと既に考えていた?
そんなアナタはテレクラの鬼になれます!WWW
あとは実践するだけですね。
健闘をお祈りします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ