深夜帯のテレクラ勝利の方程式

これって自分だけなんでしょうか?
お酒を飲むと、顔が赤くなる。
半勃ちになるとと、アポイントをしたくなる。
夜になるとと、ツーショットをしたくなる・・・。

最後に疑問を感じた方は、正常です(笑)
同意した方は、
鼻息を荒くしたまま誰かと会話したくてたまらなくなり、
日曜日のためにとっておいたポイントを使って、
テレホンクラブに電話なんて体験、
思い当たるフシがあるのではないでしょうか?

そんな時に限って、イイ感じで会話が出来たのに、
いまから遊ぼうと思っても、時間は真夜中の3時…。
外出は少しメンドウになってきたし、
お相手も「この時間からじゃ…」
という具合で、連絡先交換だけしてゲームセット。
数日後、メールを送ると宛先不明が返って来てしまう。

こんな場面を経験した人へ向けて、
夜中のテレクラをクリアーする手法を解説したいと思います。

予定を立てるようにする

テレクラに限らないことですが、予定は大切です。目標を設定して、最終地点へ突っ走ることが、成功のキーポイントとなります。
特にツーショットダイヤルでは、自由に話せる前提という先が見えないアクションがあるからこそ、計画的に進めないと、無駄にポイントを使ってしまいます。

当然、お喋りで楽しむのならば、計画は必要ありませんが、出会いをすることを目標にするなら、深夜帯のツーショットダイヤルでは、計画は必要です。

具体的には、はじめに待ち合わせ場所と時間を自分の中で決めましょう。そうすると、約束する場所までの移動時間、準備の時間、会話の終了時間・・・といった調子でに計算が出来るようになります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ