深夜帯にスタートする場合の注意事項

深夜のツーショットダイアルって、
なんだか変態女がいるフィーリングがあって、興奮しますね。
特に、テレフォンエッチなんて・・・
ヘケケ、チンチンが熱くなってきましたWWW
しかしながら、楽しんでばかりもいられません。
そんなワンダフルなCALLに紛れて、深夜のツーショットダイヤルには、関わりたくないタイプの女子もCALLをかけてきます。

それは、身の上相談をしてくるテレクラ中毒女のTELです。
甘い人ほど取り憑かれる危険性が高いので、
ぜひ注意してください。

この痛い子は、
「会社の部長のセクハラがサイテー」
「早く結婚しろとうるさく言われている」
などと、一般的なタイプの泣き言ではじまり、
親切心で相槌を打っていると、
その内にわたしは躁うつ病だ系の話をし始めます。
そして、延々と不幸の手紙みたいな話を続けるのです。

言うまでもなく、このタイプは会うことはありません。
ただお喋りをしたいだけなので、アポイントの話題には乗ってきません。

ですから、このタイプがいたら、即時女の子を交代すれば良いのですが、本気で困っている女性との違いが分かりづらいので、そこを判断するのがやっかいです。

しかし、あえて自分はこういったコールに当たったら、無用な色気を出さずに、FBをすべきだと考えます。

何故ならば、ツーショットはいくらでも女子と電話が出来るのだから、
1人の女子に執着する意味はないのです。
あくまで息抜きなのだから、
やるせない思いをして出会うモノではありません。

テレクラでは、こういった痛い子系以外にもテレホンレディやドタキャンといった心労がありますが、
イイ雰囲気で話せない相手は、即刻コールバックという心構えにしていれば、
その度にイライラしないで良くなります。

ですから、若干テレクラ論に話は脱線しましたが、
関わりたくないヤツとは関わらないようにして、ツーショットダイヤルを楽しんでください。

以上、これからのテレクラライフを満喫してください

– オススメ –

待ち合わせの指定
テレフォンレディーに騙されないための3つのポイントはこのサイト

サブコンテンツ

このページの先頭へ