テレクラ童貞から抜け出すトークテク

若い頃、よく場所をわきまえろと叱られたモノですが、
テレフォンクラブでは、どんな振る舞いが受け入れられるかあまり理解できないですよね?

私は慎重なので、
始めた時はかなり紳士的だったと思います。
一般的にですます調で通話をしていたのですが、
ある日女性の利用者に「敬語で話す利用者は普通じゃない」
と言われてから、変わりました。
みんなはノリがイイのですねWWW

ということで今回は、その辺についてレポートします。

話のキホンは馴れ馴れしく

気弱な人間にとって、
初めて話すの人と電話するのに
友達のようにするのは、抵抗感がありますね。
ワタシも上下関係が厳しい環境で育って来たので、
丁寧語が当然でしたが、ツーショットダイヤルでは禁止です。

相手が打ち解けていないのは、即時気づかれます。
そうすると、お相手もあまり信用してくれなくなります。

電話の相手のに取り入るイメージで、
友達のように話しかけた方が
おんなの子は打ち解けてくれるようになります。
そして、その延長線上にいやらしい話もあります。

不評を買うかもしれない博打を打ってでも、
エロい会話はして行きましょう。
アナタが想像している以上に、
世の中の女の子はいやらしい話が好きなのですWWW

特に人妻は、コチラが言ったエッチな会話を
さらにエロくして返してくれるから、燃えます!
私が得意なのはSMトークで、
アンテナが立ってる方は余裕で盛り上がってくれますね。

という感じでエッチな会話について思いの丈を述べましたが、
エロ話まで行かなくても、
馴れ馴れしく話すことは重要です
運動部ノリの利用者はぜひとも気をつけてください。

関連情報

サブコンテンツ

このページの先頭へ