サラリーマンの年収レベルの資産を失って手に入れたテレクラの必勝法です

「ツーショットにサラリーマンの年収を遣う気はありますか?」

仮に、ハイと言えるなら、この記事は不要です。
でも、極力お金をかけず遊びたいと思っているなら、
ぜひともラストまでチェックしてください。

ざっと見積もって月に3回、1万円を25年使うとトータルで300万円・・・(`;ω;´)
テレキチと呼ばれてもおかしくないくらいの金額を使って入手した
コアな情報をこれから報告します。

できる男は5分で決定しろ!

テレホンクラブのうまく行く確率を押し上げる究極の作戦は、
エッチが出来る子としか話さないことです。

当然ですね(〃^∇^)
でも、実際は実行出来ません。
ツーショットダイヤルは電話を繋いだ順にランダムにマッチングするので、
話し相手は選べないのです。

ですから、我々ができる最善の策は、
女子と話してから、会える子かどうかを決断することなのです。

それを念頭に置いて、算出した時間が
5分で決断しろ、ということです。
これは長年のツーショット経験から導かれた数字なので、信用してみてください。

確率論的に分析してみましょう。
女子と出会えるかどうか決定する時間を
5分から10分へ伸ばした時の待ち合わせ成功の確率と、
5分間での判断を2回繰り返したケースの待ち合わせ成功の確率
を想像してみてください。

2人と5分会話する方がイイに決まっていますねo(*^▽^*)o
そうすると短いほどいっぱい話せるから賢明ということになりますが、
ワタシの経験上、最低5分は判断に要すると考えました。

もちろん、これは個人差があるので、
絶対的な数字ではありません。
ポイントは、長くトークするよりも、
多くの女性とお話をする方が確率は高くなるということです。

この発想を持つか否かは、
今後のテレクラライフの結果を大きく左右することでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ